『しらず~』の正しい経緯について

今日は特に書くことがないのですが
経緯を読み違えている人が来たので取り急ぎまとめたものを書いておきます。


×:「打ち切りにあてつけて自殺未遂」
〇:時系列が違います。
  元々担当の方との連携が上手くいっておらず連載中の話が空中分解してしまっていました。
  まず最初に単行本1巻準備の段階で、全3巻予定を上下巻に短く切り上げるようこちらから編集へお願いしました。
  その後、やはりそれでも収拾不可能だったのでもう一度こちらからお願いし、連載を終了させて頂きました。
  
  誹謗中傷に近いコメントがフォームから継続して投稿されていたので、ウルトラジャンプ本誌にも描き直しの件や
  サイトへの誘導など経緯説明を何も記載しないようこれもこちらからお願いしました。
  これらの過程のストレス下で自殺未遂があった、が正しい時系列です。

  上手くいなかった理由は以下の仕事のやりとり形式があります。

(例)ネームの修正メール
例えばなのですが、ジアとほかの探索者との会話を外して、1P目3コマ目で「私にはもうこれしかないんだ」
「やめるんだ」みたいなやりとりで、2P目で今の4P目のブラックホール飛びこみ、3P目で前回のネームにあったような
大筋の説明(遠い未来~~ すべてがデータ化された世界で未知を求めるものに残された最後の新天地は死後の~みたいな形で)を入れて
4P目が今の6Pになるような形で早めたいなと。(今の5P部分は後半に回す形で)

その流れで7p目に今の9P目(ざっくり2ページ早める形です)の内容を持ってきたいのですが、現状のこのページ構成も
もう少し軽くしたいなと。例えばなんですが、読者の興味をわかりやすく引けるワードというか結論を先に出す形で、細かい点を
後に回すような形で、1コマ目で「未知の星か!」(わかっていることではあるのですが)とか、「1年後にブラックホールに
飲み込まれる!?」みたいなの出したうえで細かい補足につなげるような形でもいいのかなと。

その先なんですが、今の10Pも抜いて8P目に今の11P目がつながってもよいと思います。(すいません、起こし変わってしまうのですが)
ジアが気付くのは今の10pなくてもわからせられるかなというのと、顔がはっきり見えるのがめくりで来たほうがインパクトがあるかなという
印象もあります。
その後の今の12P1コマ目の「のろのろすること」の後の流れに5P部分の回想を含めて、「何が君にはできない、分相応だ」「未知に挑まないで
わかるわけないだろ」みたいな形で盛り上がるというか勢いだしておいて、のろのろ8時間かかってるという流れはいいなと。

基本的にあちらの具体的な指示通りにするの形の進行でした。
「正しい事言ってるじゃん」という話でなく、殆ど台本を作られてしまっている状態でした。
内容の是非ではなく、これは原作者として担当氏の名前を出した方が良い状態だと思います。
このやり方が合う漫画家の方も居るとは思いますが、自分は
結果は自分が被るが、駄目だった時主原因の人は名前が出ない」と感じました。
担当=発注者なのでそれに従うのは仕方のない事ではあります。
ですがこの職業の場合成果物をその後も引き摺ることになります。

単行本作業は外注で行われたため担当を通っていません。製版の方との直接のやり取りで修正を行いました。
カバーデザインのやり取り時にはcc送信ミスでデザイナーの方にこちらの悪口に近い内容を書いたメールが届き、
担当の方が自分に抱いている感情を見てしまうこともありました。

自分は担当氏が全て悪いとは言いませんが耐えた上に部外者による事実の捻じ曲げや流布が続くと流石に堪えます。 

ネガティブな記事を書くべきでないという指摘も頂きましたが、自分は怪文書であっても何かしらを書くことで(復帰するか死ぬかの形で)
解決を早めることを選びました。嫌われるペナルティは折り込み済みです。

仕事に就く全ての人は何かしらの不条理の中で働き、お客には見えない苦労をしていると思います。
店員さんが不機嫌な接客をしてきた時、「きっと何か嫌なことがあったんだ」と思っても
「けしからん!」といきなり怒鳴りつけたり悪意あるストーリーを作って流布する事は無いはずです。
一部の職業に対しては、これをやってもOKと思っている人が残念ながら多いです。
分からない事を勝手な解釈で触れ回る前に言及を止めるという選択をお願いします。

コメント